トップページ | 共働きと育ての親 »

2004/08/24

三つ子の魂百まで

私には、神主さんの奥さんに刷り込まれた幾つかの教え
戒めが非常に強く刻まれている。
一番強いものは、「負けるが勝ち」という言葉である。
幼子には
「暴力に対して暴力で応じてはならぬ。」
という戒めであり、
長じては
「短視的な勝ち負けが重要なのではなく、また個人的利益
を追うのではなく、
皆の為になる、長期的、最終的、実質的な利をめざせ」
という教訓である。
三つ子の魂百までというが、私には暴力的抑制が極めて
強く働く。
闘争心も抑制される。
傍目にはやる気のない奴に見えるかもしれない。
先の事まで考えすぎる。
行動的でないように見えるかもしれない。
人を押しのけてまで行動することはできない。

功罪あると思う。ただ今までの人生ではプラスが少し勝っていると思う。

自分の子供への躾は十分考えて行う必要があることを強く
意識している。

|

トップページ | 共働きと育ての親 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/4230884

この記事へのトラックバック一覧です: 三つ子の魂百まで:

トップページ | 共働きと育ての親 »