« 内祝い旅行の計画 | トップページ | 涼しかった »

2004/09/03

文体

文体と言うか、もっと低いレベルですが、どういう調子に統一するか、
また統一する必要もないのか、考えています。
今は、である調なんですね。
これを、ですます調にする方が良いのか、とかいうことです。

である調は、割と感情が感じられ難いところがあります。
親しみ易さが薄くなります
かなり感傷的な内容(私の記事には多いですが)をである調で書くというのは、
私の感情が出過ぎるのを緩和する働きがあるだろうと思っています。
その方が、良い様に思っています。
だけども、内容によっては、その逆もあるわけです。
Blog全体で統一せず、記事単位で揃えておけばよいのかな、とは思っています。
まだ、始めたところですし、沢山書いていくうちにスタイルが決まっていくと
思いますし、そういうものだろうとも思います。

しばらく振れると思いますが、まだ、少ない読んでくださる諸氏、まあお付合い
ください。
ご意見ありましたら、是非どうぞ、お願いします。
ご意見に従うとはかぎりませんけども(^_^;)

|

« 内祝い旅行の計画 | トップページ | 涼しかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/4230873

この記事へのトラックバック一覧です: 文体:

« 内祝い旅行の計画 | トップページ | 涼しかった »