« アングーラ ネフ社 | トップページ | 箕面滝 »

2004/12/03

宝島

今日は、結婚記念日です。
1993年の12月に結婚しました。当時私は、プー太郎でしたが、妻はOL
でしたので、都合もあり、翌年のGWに新婚旅行に行きました。行き先はブリティッシュ・ヴァージン・アイランド 宝島のモデルになった諸島です。モーリングスというヨットチャーターの会社でベネトーの55ftをチャーターして5日間島巡りをしました。まったく非日常な世界でした。行ったのが嘘のようです。また行ってみたいものです。

行き先は、オーランド と カリブ海のブリティッシュヴァージンアイランド です。まあ、根がヒネクレ者ですので、オーランドもディズニーワールドへは 行かず、ユニバーサルスタジオとシーライフパークに行きました。その後、 ブリティッシュヴァージンアイランド(以後BVIと略す)です。 マイアミ−サンファン(プエルトルコ)乗り換え ―BVIです。 サンファンでの乗り換えが、空港ビルの別棟にビルを一旦出て移動しなきゃ いけないとか(連絡通路がない)、なんかいい加減かつヤバイ感あって、 ドキドキです。 サンファンまでは、大型ジェットですが、ここから先は、バスに羽根が生え たみたいな、プロペラ機でフワフワ飛んで行きます。荷物を積んでくれる兄 ちゃんがそのまま操縦席に行って、左席に座ったりするので驚きです。BVI の空港は一応国際空港なわけですが、鶏が遊んでたりします。大体、ビザが 必要かどうか日本の英国大使館もはっきり分かってなかったりします。なので 念の為にビザ取っておきました。実際、現地のイミグレーションのオフィサーも わかってなかったりしました。 BVIは、宝島という小説の舞台となったところです。ここまで来ると日本人 は、かなり珍しいので、お店の人とかに過去に訪れた日本人の名前を出して、 友達かどうか聞かれます。彼らは同じ島の人間だと結構名前知っていたりするん でしょうね。 ブリティッシュとある通り、英国領です。未だにというべきですかね。ここに 世界的に有名なモーリングスというチャーターヨット会社のベースがあります。 この会社はフィジー、トンガ、地中海とかにもベースがあります。 ここでベネトウというヨットメーカーの55ft(かなりでかいです)のヨット をチャーターして、BVIの島々を1週間巡るという舟遊びでした。 もちろんヨットで移動、食べて、ヨットで泊まります。まあ豪華客船じゃない ので、不便もありますが、温水の出るシャワーもあるし、トイレもあります。 力仕事や炊事とかをするつもりがなかったので、英国人クルーを二人雇いました のでまことに優雅な生活でした。まあ、風景といい、遊びといい、非日常もいい とこです。嘘みたい映画みたいと言ってよろしいです。日本語は全く通じません しね。いや全くトレジャーアイランズです。未だに本当に行った実感がない ぐらいです。また行きたいです。 55ftは大きいので3カップルで使えます。人数少なければもっと小さい艇にすれ ば、良いわけです。 まあでも40ftクラス以上にはしたい。40ft艇で2カップルで1艇借りれば、 お値段は、意外だと思いますが、高級リゾートホテルより安いです。

|

« アングーラ ネフ社 | トップページ | 箕面滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/4230830

この記事へのトラックバック一覧です: 宝島:

« アングーラ ネフ社 | トップページ | 箕面滝 »