« 名古屋ポケパーク | トップページ | SO スペシャルオリンピックス »

2005/02/24

2月23日の伊丹−羽田

JL1502便は定刻7時50分発ですが、ドアクローズ7:55、滑走開始8:07、羽田に着地9:01、ドアオープン9:10でした。最近の事情ではかなりちゃんと飛んだと思います。いつもはもっと遅れます。利用者の多い時間帯は、時間ぎりぎりの人が居たりもしますが、便数が多くて、管制が混雑するんですよね。
私が、飛行機をよく使うようになったのは、社会人新人の年からですが、あの当時は、前年のJL123便の事故のショックで飛行機の乗客は少なく、本来ビジネス客で満員の時間帯でも半分くらいしか乗ってませんでした。今より便数も少なかったし、当然時間通りに飛んでました。

JALの株価は、事故前の半分に落ちていたと記憶しています。数年以内に元に戻るという確信がありましたので、株を買おうと思いましたが、社会人1年生には、肝心の貯金がありませんでした、残念。 その頃に聞いたことですが、 出発時刻は乗客が乗りこんでドアが閉まり、地上作業車が押して車輪が回り、地上を動き出したときのことをいいます。到着時刻は着陸して、駐機位置に到達して、車輪が完全に回転を停止したときのことをいいます。出発時刻と到着時刻のあいだをブロックタイムといい、時刻表に載っている出発・到着時刻はこのブロックタイムのことです。フライト・タイムというのもありますが、離陸し着陸するまでの飛行機が空中を飛んでいる時間のことです。 まあいずれにせよ、最近、東京−大阪の便で定刻通り、ないしは定刻前に飛んだのに乗ったことはありません。

|

« 名古屋ポケパーク | トップページ | SO スペシャルオリンピックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/4230759

この記事へのトラックバック一覧です: 2月23日の伊丹−羽田:

« 名古屋ポケパーク | トップページ | SO スペシャルオリンピックス »