« 部分月食 | トップページ | 蜂の巣 »

2006/09/11

歯科

下左の前歯が欠けた。冷蔵庫で冷えて超堅くなったチョコレートをエイヤ!とかじったのが直接の原因である。だが、歯並びが悪くて、前歯にストレスがかかり続け、ヒビが入っていたと思われ、それが根本的な問題なのである。子供の頃に矯正した方がよいと言われたのだが、金がないと親が却下したのである。まあ三十数年前の当時はそんなもので私の親が特別意識が低い訳ではない。言うまでもなく、歯は一生物かつ再生不可能な物なので、早い段階で投資しておくのが最良の判断である。

今回の治療は、痛みがないので、欠けた部分を研磨して消毒、レジンを充填した。その上で咬み合わせを確認調整。これで問題がでないか様子をみていく。これで具合が悪ければ、更に手を加えることになる。歯は再生しないので、加療量が少ない方が良いので、一気に治療しないというのが、私が通っている医院の方針である。

私は、40歳頃に徹底的に治療した(丁寧に少しづつ進めたので治療は1年近くかかった)のだが、親知らずは抜いたもののそれ以外は全部自分の歯を残せた。それからは、毎年定期診断と歯石クリーニングをしている。歯磨きも指導を受けて行っているし、デンタルフロス、歯間ブラシも使っている。このままきちんと続けていけば今から、虫歯や歯周病にはなるとは思えないが、上述の様な歯並びの悪さから来る問題と経年劣化は避けるのは難しいだろう。歯並びがよければ、問題を一つ抱えずに済むのだ。まあ、大事にしていきたいと思う。

|

« 部分月食 | トップページ | 蜂の巣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/11852967

この記事へのトラックバック一覧です: 歯科:

« 部分月食 | トップページ | 蜂の巣 »