« 木製フェンス再塗装完了 | トップページ | マイクロフォーカサー 遊星ギアの滑り »

2006/11/04

マイクロフォーカサー取り付け

Dscf0291_2 Dscf0300_2   Dscf0305

                                                                  

                      

                                          

BORG125ED EMS TWINに念願のマイクロフォーカサーを取り付けた。

元から付いているラックアンドピニオンに笠井トレーディングの11月の蔵出放出品のマイクロフォーカサーのノブを取り付ける改造を行った。11月1日に蔵出放出品のコーナーを見ると、ノブ(遊星ギア)だけの放出があった。これは全くありがたい。早速に2個注文した。同じことを考える人は多い様で、どんどん売れている。

↓これが元の製品(笠井トレーディングのWEBから引用)

Microfocusknobsj111

                                                            

3日の午後に届いたので、どうやって取り付けるかしばし検討。元々付いている写真の黒い部分は、使えない。ステーを自作しなければならない。

ありものの30mm×30mm厚さ1.2mmのL型アルミを元のラックアンドピニオンのボックスの長さに合わせて、68mmの長さに切って、ノブのギアボックスを固定するため18mm×20mmの窓を開けた。この窓を開けるというのが、工作機械はないので、ドリルで穴を開けまくって、荒く開け、ヤスリで仕上げるという原始的な方法。当然工作精度が少々落ちるが、慎重に作業したのでまあまあ合格。取り付けたところ動作もスムーズ。思わず笑みがこぼれる。(^_^)v まだ星を観てないが、OKでしょう。接眼部が当然重くなるので、鏡筒を少し前に出してバランスを取り直して、完了。後は星を観て試すだけ。

|

« 木製フェンス再塗装完了 | トップページ | マイクロフォーカサー 遊星ギアの滑り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/12544600

この記事へのトラックバック一覧です: マイクロフォーカサー取り付け:

« 木製フェンス再塗装完了 | トップページ | マイクロフォーカサー 遊星ギアの滑り »