« 双眼望遠鏡の目幅ゲージ | トップページ | 調整 マイクロフォーカサー 遊星ギアの滑り »

2006/11/05

望遠鏡改造

Dscf0296 Dscf0299

Dscf0294 Dscf0298

実は手を加えたのは、目幅ゲージだけではない。

先のマイクロフォーカサーの取り付け作業で少し楽しくなったので、工作を続けることにしたのである。

ファインダー(対空型8倍50mm光学ファインダー、レーザーポインター、等倍クイックファインダーの3種類搭載)と天空の座標を表示するナビゲーターとアクセサリーが望遠鏡には同架してあるのだが、そのレイアウトをより使いやすく再配置した。

大きな変更点はクイックファインダーが、従来の右側鏡筒上から左へ移動している。クイックファインダーは軽くて良いのだが、レクチルを見るのに目の位置が厳しいところがあるのと、利き目の関係でこの方が見やすいのである。

従来は取り付け位置に余裕がなくて使い難い配置にならざるを得なかった。そこで鏡筒バンドを30mm×15mm(5mmまで切断)厚さ1.5mmのアルミ板でブリッジしてそれによってスペース作り出すことで解決することにした。鏡筒バンドをブリッジすることで剛性も少し上がるはず。(厚いアルミ板ではなく、薄いL字型アルミ板を使ったのは、軽量に仕上げるため)

これで外観の改装は、終点だと思う。次は、鏡筒内に遮光リングを幾つか追加して、コントラストが向上するかどうかを試したいと思う。本当の性能が上がるのは、こっちの方である。とりあえず、従来入っているものより対物に近いところに1個追加してみようと思ってはいる。

|

« 双眼望遠鏡の目幅ゲージ | トップページ | 調整 マイクロフォーカサー 遊星ギアの滑り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/12568314

この記事へのトラックバック一覧です: 望遠鏡改造:

« 双眼望遠鏡の目幅ゲージ | トップページ | 調整 マイクロフォーカサー 遊星ギアの滑り »