« 豊天 メシエマラソン | トップページ | 昼火事 »

2007/03/21

観望会

昨夜、23時過ぎより豊天さん有志の観望会に参加させていただきました。

集まった機材は、ホワイティドブ25、ライトブリッジ30、自作ドブ38、ビクセン120ネオアクロそして私のBORG125ED TWIN。

私の機材は、コントラストは良いですが、流石に口径が2倍以上あるドブには、集光力、分解能ともに明らかな差があります。双眼独特の観え味で対抗というところでした。やはり口径のあるドブソニアンが欲しくなってきました。

場所は、メシエマラソンと同じ亀岡。少々白っぽい夜空でありましたが、快晴。放射冷却でガンガン冷え込みました。ただ全くの無風で助かりました。明け方には望遠鏡も車も霜で凍りつきました。

レンズは、防露ヒーターで曇りもなく保てました。私が使っているヒーターは天文愛好家の手製ですが、ほんのり暖かい位の発熱で非常に具合良いです。

明け方は車の温度計ではマイナス2度でした。寒さで乾電池類の電圧が急低下しましたが、もう終わりに近かったので、大丈夫でした。厳冬期には防露の為のヒーターだけでなく、機器類の電圧維持の為のヒーターも考えておいた方が良いかもしれません。

南方向は光害があるのですが、快晴でしたので、さそり、へびつかい辺りの天体も大分観ることができました。オメガ星団ならぬオメガ星雲(M17)も観ました。メシエマラソンでは雲に邪魔されて見ることができなかった対象もかなりカバーできました。明け方には、網状星雲も心眼で見えました。東にも光害があるので、存在を確認できたと言うレベルでありました。

明け方撤収直前に豊天会長さんの自作38cmドブで木星を見せていただきましたが、気流が良く大変良く見えました。今年の木星はさそり座に居ますので、南に低くて好条件には恵まれ難いですが、今回はアタリでした。

今週末は、もう夜半まで月がありますので、ディープスカイの観望好機ではなくなります。また、来月の2週目週末まで待たねばなりませんが、天候はもちろん黄砂が気になるところです。昨年は黄砂と天候不順で春は全く観望できませんでしたから。

|

« 豊天 メシエマラソン | トップページ | 昼火事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/14337404

この記事へのトラックバック一覧です: 観望会:

« 豊天 メシエマラソン | トップページ | 昼火事 »