« 五月人形と家紋 | トップページ | 万博公園 »

2007/04/29

スキーと車

昔(1980年代末頃)は、GWはおろか5月末や雪の多かった年だと6月上旬までスキーに行っていた。東京でサラリーマンをしていた頃のことだ。
場所は、今も家族で毎シーズン行く志賀高原。この時期になると、滑走可能なのは、奥志賀高原と横手山、最後まで雪が残るのは渋峠になる。
周りには、この時期までスキーに行く酔狂な人はいなかったし、スケジュール調整をするのもややこしいので、金曜日に早く仕事が終わり、体調が良ければ、帰宅して短い仮眠後、未明から一人で出かける。
車には、アイスボックスとバーナー、クッカー、寝袋、お風呂セットなどがこの季節は常時に載せてあった。途中、買出しをする。土曜日一日滑って、地元温泉に入って、土曜の夜はゲレンデ近くの駐車場で車中泊(ツーリングワゴンなので一人なら余裕)。日曜日は渋滞が始まる前に早めに帰路に付くのである。なかなか快適で経済的なスキー旅行だが、女の子を誘って連れて行くのには無理がある。大体レオーネのツーリングワゴンでは、車中二人で寝るのは無理があるし、普通のおねーちゃんが好むスキー旅行じゃない。大体、当時はスキーを人に教えるなんて気が全然なかった。自分がドンドン滑るのが楽しくて一生懸命だったのだ。
当然だが、スキーはそこそこ上手になった。(じゃなきゃ困る)お陰で体力がなくなった今でも抜いて滑るコツは把握しているので、結構余裕はある滑りはできる。

若い頃は、スキーの道具も、上級モデルや競技モデルを使っていた。体重も体力もそこそこの技術もあったし。最近、初級モデルを履いているのだが、これが実に楽。楽に操作できる。まあ流石に志賀のジャイアントに氷が出ている時は、エッジは立たない。これが見事に立たないから面白い。立たなくても、ずりずりずれながら滑っていけば良いのである。別にレースに出ているわけでもないし、デモンストレーターでもないわけだから。とは言え、次に買うのは中級モデルにしておこうとは思う。

当時乗っていた車は、スバルレオーネ ツーリングワゴンでターボの上級モデル。学生時代からずっと欲しかった車だった。しかし実は300万円を越える車(そうは見えないのだけど)なので、中古の程度の良いだったけど買うまで就職後2年かかった。その後、出てすぐのスバル レガシーGTツーリングワゴン(これには15年も乗った)に乗り換え(まあ36回払い)、その後というか今は、スバル レガシー アウトバック3.0R。まあ、早い話が、社会人になって車を買ってから19年ずっとスバルに乗っている。一回ベンツの4マチックのワゴンにしようかと思ったことがあったのだけども、レガシーが3台買えるかと思うと踏み切れなかった。まあそれが分に合ったことなのだと思う。

|

« 五月人形と家紋 | トップページ | 万博公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/14886100

この記事へのトラックバック一覧です: スキーと車:

» スバル レオーネクーペ1971年式@レオーネRX [スバル レオーネの1971年式クーペ@1979年のハードトップなどスバル関連情報]
レオーネRX1972年12月1日に追加された、レオーネのスポーティ・グレード。量産車では日本初となる4輪ディスクブレーキをライン装着。「RX」は、「Rally - X」=「ラリー競技での可能性、ポテンシャル」に由来する。 1989年1月のレガシィRSの登場まで、国内・海外ラリーへの積極的な参戦を通じて富士重工業のスポーツラインを代表するグレードだった。スバル1000スポーツセダン登場以降、スバルff-1、スバルff-1 1300Gにも用... [続きを読む]

受信: 2007/05/24 17:17

« 五月人形と家紋 | トップページ | 万博公園 »