« 本棚整理 ボナッティ わが生涯の山々 | トップページ | BIG »

2007/05/12

関西ヨットクラブオーナールーム

関西ヨットクラブオーナールーム

今日は、外洋レーシングヨット「トーゴ」のオーナーであった山田東吾先生の遺骨の散骨式。内々の式でありました。ヨット3隻と関西ヨットクラブのレスキュー艇で出港。西宮沖に散骨。(先生の遺骨は、先だって姫路の木場ヨットハーバー沖にも散骨)

散骨し、花を捧げた後、その周囲を右回りに2度回る というのが海上散骨の形。

帰港して、先生のご遺徳を偲びつつ、参列者一同会食。関西ヨットクラブ最上階のオーナー用サロンで憩う。南の窓側のカウンター席は、眺めが良い。停泊するヨット、ボートが一望でき、ポンツーンに点く照明が美しい。

1981年秋に、私がトーゴに乗せてもらう様になった時の先生の年齢は、確か今の私と同じはず。我が身と比べるのは失礼ではあるが、やはり大オーナーであることが実感できる。1983年のアドミラルズカップの日本ナショナルチーム3艇の参加費用は、先生が個人でお出しになったものであった。個人でナショナルチームを編成してしまう熱意は、真似できるものではない。経済力が無ければならないが、それだけでは不十分なことだと思う。

トーゴチームの公式行事も多分これが最後かもしれない。

|

« 本棚整理 ボナッティ わが生涯の山々 | トップページ | BIG »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/15044633

この記事へのトラックバック一覧です: 関西ヨットクラブオーナールーム:

« 本棚整理 ボナッティ わが生涯の山々 | トップページ | BIG »