« 羽田空港の夕焼け | トップページ | 千種川上流部 »

2007/08/26

コールマン スポーツスター 502-700

スポーツスター502-700
 旧型のコールマン スポーツスター ストーブ
 中学3年生、1975年の5月、サイゴン陥落直後に購入したのだったと思います。特別セールで6800円位だったと思います。オプションのフューエルフィルター、ヒートドラム(暖房用に使うとき取り付ける)も同時に買いました。(どっちも健在です)
中学生にとっては高価な買い物です。当時は日本コールマンがまだ無く、ホープが代理店でした。ホープ時代のスポーツスターなんて今やレア物でしょうか。箱も説明書も揃ってます。 買った場所は、なんと神戸三宮のそごうのスポーツ用品売り場。今の様にアウトドア量販なんてなかった時代ですからね。古いものですが、手入れが良いので綺麗でしょ。

 登山では大きすぎるのですが、安定性、操作性(マッチ1本で点火でき、弱火から強火まで自由自在)が良いので、良く使いました。(もっとも、お金無いので他に熱源持ってなかったんですけど)また冬場の星見にも活躍しました。

 私が最初の会社に就職して東京在住となって、実家で6年ほど休眠。会社辞めて帰ってきて、実家ベースに2年ほどカヤックであっちだこっちだと川下りをしていた時期の初期には復活していたのですが、カヤック旅行には、コンパクトな方が良いので、プリムスのガスバーナーに主役を譲って、また眠りについてました。
 しかし、子供ができてファミリーオートキャンプが始めると、その長所が活きてくるので復活。またご奉公してもらっています。長い事稼動してますが、メンテナンスは掃除と加圧ポンプへの定期注油とその革のパッキングの交換をしただけ(1度だけ)です。この耐久性も有難いです。とはいえそろそろパッキング交換した方が良い感じになってきました。最近はパッキングは革製ではなくなったらしいです。(と言うことからも前に交換してから大分経つのが分かりますね。パーツ品番は何でしょうかね)

|

« 羽田空港の夕焼け | トップページ | 千種川上流部 »

コメント

さすが!、気合の入った手入れぶりに、アウトドアズマン魂を感じます。
実は、これの新型の方ですが、仲人をして頂いた方に差し上げた事があります。海外遠征もしていた山男だったのですが、仕事の第一線を引退後、中米に国際援助で指導に行ったりと、精力的な人生を送っておいででした。ところが、帰国後、そう経たないうちに重症の脳梗塞で寝たきりとなり、しばしの闘病生活の後、帰らぬ人となってしまいました。
体が動くうちに、楽しい方のやりたいことも多少はやっておかないといけない、と思った出来事でした(亡父を見ていても、そう思いましたが)。とはいえ、仕事とのバランスは難しいですね。

投稿: しんのじ | 2007/09/04 12:12

長く使った道具には、想い出も付いていて、良いものです。今回のキャンプで使っていて思い出したのは、夏の南アルプスの縦走のことでした。一番キツイ行程の日に天気がすぐれずにバテバテでテントを張って、夕食作りに火を着けた時にホッとした気分が蘇りました。こういう記憶のフラッシュバックって良いものです。

投稿: 管理人 | 2007/09/06 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/16241598

この記事へのトラックバック一覧です: コールマン スポーツスター 502-700:

« 羽田空港の夕焼け | トップページ | 千種川上流部 »