« ジュンベリーに農薬散布 | トップページ | メシエハーフマラソン終わり »

2007/09/08

松本式EMS

Photo

私の所有している双眼望遠鏡は、トミーテックのBORG125mmF6.4EDアポクロマート屈折鏡筒を2本使用しているものであるが、それを自分の目の幅で覗ける様にするための光学部品を使ってある。それが鳥取の「めがねの松本」製のEMSである。

その松本さんが、鳥取の広報誌で紹介されたということを、EMSの先輩ユーザーである星の仙人さんのサイト「ひとりでも仙人」で知った。私のサイトでも同じく紹介しておく。

対物レンズが口径125mmの屈折となると、2本の鏡筒をくっつけても2つの接眼部距離は150mm位になってしまう。それを人間の目の幅(60mm~70mm位)に狭め、正立像かつ覗きやすい対空型で見えるようにする機能を持つのが、松本式EMSである。反射鏡を2枚使用しただけというシンプルな構造で像の劣化も最小に留められている。2枚の反射鏡の立体位置関係が最大のポイントなのだが、製品としての機構も熟成されていて非常に使い易い。

私の双眼望遠鏡は、鏡筒を松本さんに送って、双眼望遠鏡に仕立ててもらったものである。

眼鏡の松本のWEBは、このBLOGのWEBリンクにある 天体望遠鏡革命 でリンクしてある。

|

« ジュンベリーに農薬散布 | トップページ | メシエハーフマラソン終わり »

コメント

 鳥取nowの記事をご紹介くださって、ありがとうございました。貴サイトにごぶさたしてしまい、お礼が送れて大変失礼いたしました。
 125ED-BINOを長く愛用してくださってありがとうございます。

投稿: Matsumoto | 2007/10/17 22:34

お陰さまで、楽しんでおります。
星見に行くたびに見え方に発見があったり、良いコンデションに出会うたびに、性能を見直したりしています。
後付したマイクロフォーカサーはやはり高倍率では効果を発揮します。中低倍率では不要ですね。もちろん見た目は格好いいですけど。

BORGが、新しく125mmアポクロマートを発売する予定ですけど、EMS双眼に仕立てようという人は何人か出てくるのではないかと思います。まあ、TOA130と比べれば値段も大分安い(?)ですからね。

投稿: 管理人 | 2007/10/19 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/16379802

この記事へのトラックバック一覧です: 松本式EMS:

« ジュンベリーに農薬散布 | トップページ | メシエハーフマラソン終わり »