« 水栓調整 | トップページ | 六甲山 ロックガーデン »

2009/01/22

奥伊吹 スキー

21日に仕事仲間と総員4名でスキーに行ってきました。

天候は昼から雨との予報でありましたので、朝出発直前に気象情報を検討して、東方面の方がマシという判断をして、出発直前に奥伊吹に行くことに決定。

7時過ぎに出発、スキー場着9時半。のんびりしたペースです。
でも、平日なので空いてます。駐車場もガラガラでゲレンデのすぐ横に駐車できました。

コンデションですが、スキー場 下部 気温 朝2度 日中4度 
曇天ほぼ無風

朝一の天気情報の検討が功を奏して、撤収開始の16時まで降られることがありませんでした。撤収開始とともに小雪。車で下山開始してしばらくするとシトシト降ってきました。
一日楽しく遊べてラッキーでした。

奥伊吹スキー場は、北西向き 最高部標高約1200mです。

さて、ウェア、ギアですが、

私の場合
●トップ
・パタゴニア ウール3 クリュー
・パタゴニア R2 ジャケット
・パタゴニア シュート トゥ スリル ジャケット
(現 プリモフラッシュ)
・グローブ パタゴニア ワークグローブ
・帽子 パタゴニア ビッグマウンテンビーニー

●ボトム
・パタゴニア キャプリン2 ボトム
・デサント レーシング オーバー パンツ
 (2レイヤーハードシェル 薄い化繊綿インサレーション)
・ヤマハ スキーソックス
 ナイロン ポリウレタン混毛 スキー用なので薄手


・板 ヘッド MOJO70
・ポール レキ カーボンポール
・スキー靴 ヘッド インソールはシダスに交換

トップは、スキー場下部では少し暖かめでした。中腹より上部では、最適でした。
ウール3を2にした方が良い気はします(持ってないけど)。キャプリン3でも良いでしょう。
ウール3を使うならばR2ではなく、R1が良いのではないかと思います。(持ってないけど)

ボトムは、これで最適でしたが、膝関節だけをもう少し保温したい感じはあるので、膝だけの保温サポーターなど使うのはアリでしょう。保温だけでなくサポート機能のあるものならより良し。

グローブですが、ワークグローブでばっちりでした。手が汗で濡れることなく、ずっとドライ。保温力が丁度で、汗の放散性が良かった、ということでしょう。風がもっとあったり、気温がもう少し低いとどうなのかですね。ちょっと寒いかもしれない。でもドライだから大丈夫かも。

23日にもハチ北へ出撃するんですが(^_^;)、
TOPは同じレイヤリングにするか、ウール3をキャプリン3に変更するか検討中です。
ネックゲイターはポケットに入れて携帯する予定(風雪になれば使う)
グローブは、ワークグローブと以前から使っているエレッセのハードシェルインサレーションを持って行って、現場で選択予定。

|

« 水栓調整 | トップページ | 六甲山 ロックガーデン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/43817284

この記事へのトラックバック一覧です: 奥伊吹 スキー:

« 水栓調整 | トップページ | 六甲山 ロックガーデン »