« 確定申告 | トップページ | 自転車置き場 »

2010/03/04

飯盒って最近使うんですか?

やっとこ確定申告書の作成が、終わった。気分転換にちょっと書いてみよう。

知人に、「飯盒って最近使うんですか?」
と聞かれた。彼は、私の外遊び系の知人ではないが、私が外遊び系なのはよくご存知。

「登山じゃ、私が高校山岳部員だった頃から使ってませんでしたよ。」
と答えると「へぇー」とのことだった。

彼は、私と同年代なので、子供の頃(40年くらい前になるわけだけど)の飯盒炊爨風景が記憶にあるのだろう。もちろん私にもある。小さな焚き火を作って河原でご飯を炊き、カレーを作って食べるという日本的原風景の記憶だ。
もちろん、カレーは今もアウトドアの食事の定番である。(もっともレトルトかフリーズドライだけども)大好きなハイカーは、私の周りの若い人にも多い。

飯盒は、日本の伝統的アウトドアシーンで使われていたクッカー。
私の実家にもありましたね。かなり使い込んだものだったけども、小学校の教師をしていた父が学校行事かなり使ったものだったのだと思う。(父は若手教師だったころ、地域活動に熱心であった。)
探せばまだどっかに仕舞ってあるかもしれない。時代からして旧日本軍のものか。もっとも自衛隊も同じものを使っているから、自衛隊向けのかもしれない。今の自衛隊では炊飯には使うことはあまりなく、食器として使うことが大抵らしい。

私は中2位から、山歩きを始めたのだけど、その頃は、既に友人が持っていたアルミのコッフェル(独語)を使ってた。キャンピングガスのバーナーを使っていたんだけど、飯盒はバーナーに載せるには形状が不向きだったからだ。

飯盒は独特の形ゆえに、日本独自のものと思っている人が多いと思うが、ドイツのM1893 mess kits を原型としている。ちなみにこのタイプはヨーロッパ各地で使われていてどこが大元かは分からないみたい。
日本の飯盒は、もちろん日本陸軍正式装備のものが原点。4合炊きで中蓋は2合の計量に利用できる。この容量を米向きにしたものはもちろん日本オリジナル。
将校用のは、角型でトランギア(アルコールバーナーのメーカー)のメスティンに似ている、将校は煮炊きしないから、もっぱら食器として使ったらしい。(メスティンは、トランギアを熱源にご飯が上手に炊けるそうだ)

という飯盒ですが、昨今は、山はおろかキャンプでも使っている人は見ませんね。
登山だと軽量化の為と昔と比べるとすごく美味しくなったフリーズドライやインスタントが全盛なので、お湯だけ作れれば良いので、軽量コンパクトな湯沸しセットを持つというのが基本になってますね。

|

« 確定申告 | トップページ | 自転車置き場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/47722724

この記事へのトラックバック一覧です: 飯盒って最近使うんですか?:

« 確定申告 | トップページ | 自転車置き場 »