« 西穂高岳登山 2010年5月29日~30日 その1 計画・装備 | トップページ | Lightning Bolt ライトニング ボルト (ボルト マーク) »

2010/06/12

「はやぶさ」、地球帰還

「はやぶさ」は、小惑星に着地し、表面の物質を採取することを試みた世界初の探査機。その「はやぶさ」が7年という長い旅から間もなく 帰ってくる。
「はやぶさ」は、6月13日23時頃(日本時間)、地球に帰還予定。といっても、史上2番目の高速で大気圏に突入してくる(2006年1月に地球へ帰還した彗星探査機『スターダスト』のカプセルに続いて史上2番目の速度)
本体は燃え尽き、帰還カプセルがオーストラリアのウーメラ砂漠に着地する予定。

はやぶさの帰還カウントダウン

は やぶさの帰還にあわせたイベント情報

しかし、数々の故障、イオンエンジンの故障停止、一次行方不明からの自力回復。日本の技術と運用の素晴らしさを証明した機体です。最後の帰還も成功で飾って欲しいものです。小惑星「いとかわ」の地表サンプルは採取できているでしょうか。

はやぶさの火の玉帰還、映像見れますかねぇ。

|

« 西穂高岳登山 2010年5月29日~30日 その1 計画・装備 | トップページ | Lightning Bolt ライトニング ボルト (ボルト マーク) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/48609693

この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ」、地球帰還:

« 西穂高岳登山 2010年5月29日~30日 その1 計画・装備 | トップページ | Lightning Bolt ライトニング ボルト (ボルト マーク) »