« 今年も西はりま天文台 | トップページ | キャッスルウォールで練習 2012年12月12日 »

2012/12/03

六甲山系 RCC以来の伝統のある岩場 再整備

このところ、使う人は居ないではないものの整備の手があまり入っていなかった岩場を友人の国際山岳ガイドさんと一緒に整備したりしている。
 今どきのフリー向けやボルダリング向けの岩場ではないので、古い岩場に行く人は少なくなった。したがって、どこも荒れ気味である。
 整備を行った岩場については、時々行っていた人には整備されたのが分かるだろう。
 古くなった終了点を高品質のボルトとケミカルアンカーで打ち替えてあるので、安全度は断然上がった。ルート上の醜くく安全度の低い邪魔なアンカーは除去した。新たなアンカーの設置も若干行ったが、フリールートの様に連打はしていない、要所のみ。カムなどと併用して、落ちてカムが外れても、要所のアンカーで止まるはずなので、死にはしないはず。古い岩場を開いた先人への礼儀は忘れない整備と言わせていただこう。

早速、整備された岩場で、仕事仲間対象に入門講習を行った。
8140691861_dc63d8b342_omini

アプローチで岩場の終了点に出るので、いきなり20mの懸垂下降をしなければクライミングは開始できないので、初めての人には、いきなりプレッシャーがかかるのだが、みなさん度胸満点でありました。

新聞記事にもなりました。
Bab171b44ca7e0b650fbd0dfe1700d66

|

« 今年も西はりま天文台 | トップページ | キャッスルウォールで練習 2012年12月12日 »

コメント

初回のメンバ-講習『仁川渓谷バットレス』の写真と新聞記事ですね。二回目、三回目(12月12日)と予想していた?より、皆さん順調にクライマ-らしく>?成長して来ました。日頃の行い?
毎回、天候にも恵まれています。次回、装備面で少し相談、工夫が求められますが『氷瀑ハイキング+条件が良ければアイスクライミング体験講習』楽しみたいと思います。次回の企画も、新聞取材の希望で懇意にしている記者もアイスクライミング同行、講習参加の予定で準備を進めておきます。気が早いですが、今冬に日程を調整して皆と『氷ノ山』雪山スノ-シュ-企画も、いかがでしょうか。

投稿: next dream | 2012/12/13 11:01

雪山企画良いですね。
実は寒波が来たタイミングでもっとお手軽な大江山には一昨年から行ってます。
装備の有無で行けるメンバーは限定されますが、調整したいですね。
経験はないけども結構みなさん強いので、体力問題で私が足をひっぱりそうですhappy01

投稿: 管理人 | 2012/12/14 18:33

『若手に頼りましょう』
アプロ-チでの重量物、貸出しギア類の運搬は若手メンバ-達の歩荷トレ-ニング?ですね。

来月のアイスクライミングを終えたら、雪山の方の企画を相談したいと思います。神戸新聞の記者達とは旧YH前のスペ-スを借りて、前夜に雪中キャンプで大型のシェルタ-を張って、ガスヒ-タ-暖房も持ち込み、雪中宴会も快適でしたので、往路下山の計画なら、天候を見極めていれば雪山入門者でも、夜の寒さ対策と装備の工夫で楽しめると思います。

スノ-シュ-とワカン、4人分を貸出し可能です。

投稿: next dream | 2012/12/17 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101691/56242960

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山系 RCC以来の伝統のある岩場 再整備:

« 今年も西はりま天文台 | トップページ | キャッスルウォールで練習 2012年12月12日 »